あり方を定め、価値をつくる。

MENU

「第二回1000年ブランドまつり」のチケットの販売を開始しました 2020.09.08

 

 
昨年の神田明神での「第一回1000年ブランドまつり」で宣言した通り、今年は東京大学において開催します。残念ながら安田講堂ではなく、新型コロナウィルスの影響を踏まえ、東大を配信会場とした「完全オンライン」で配信を行います。
 
今回のテーマは「日本の老舗企業が世界を導く」。
 
先代からバトンを受け取り、歴史、独自技術(単品専念)、誇りなどを、時代に合わせてそのあり方をつないでいく。目に見えない価値を重んじる経営姿勢がここにあります。
 
マーケティング分析結果など目に見える数値データのみで、経営判断するとその経営施策は破綻しやすいという傾向を調査した研究では「目に見えないデータの存在を意識すべし」とその結果を結んでいます。
 
目に見えないことを扱ってきた経営、自分たちの「いまここ」に専念するアイデンティティの発揮が1000年の時間を紡ぎだすのです。
 
そして、今回のご登壇者は今を時めく、このご三方です。
 

・渡辺 雅司氏(株式会社船橋屋 八代目当主)
「老舗が起こすイノベーション」
 
・武田 宗典氏(能楽師観世流シテ方)
「能と日本人の死生観」(録画)
 
・山口 周氏(独立研究者、著作家)
「意味に価値が生まれる」(中継)

 
オンラインですので、ぜひとも全国の経営者、持続可能な企業のあり方に興味のある方に聞いてもらいたいです。
 
協賛パートナーは、BeSmileチケットを10口以上一括して購入いただいた企業を協賛企業として会社名とロゴマークをウェブサイト及びオンライン配信時のバックパネルに掲載します。
共振パートナーは、1000年ブランドまつりの趣旨に共感いただく企業や団体、個人の方々を対象に、無償でウェブサイトに企業や団体、個人名を掲載します。
 
「1000年ブランドまつり」が次の世代や世界と繋がるよう、ご一緒に響き渡らせてもらえるとうれしいです!